公開日:|最終更新日時:

クリニックC4

クリニックC4のトモセラピー治療の特徴

病巣に対して的確に照射

クリニックC4のトモセラピーは、がんの形に合わせた照射が特徴です。CT検査でがんの立体的なデータをプログラミングすることで、方向・角度・範囲・時間を調整。患者さんそれぞれに合った形で、病巣に対して的確に照射してくれます。

多発したがんにも対応可能

がん治療で避けて通れないのが「転移」。自由診療であるクリニックC4では、転移したがんにもトモセラピー治療が可能で、しかも局所ではなく、複数の病巣に対して同時に照射できるのが大きな強みです。同時に照射できるということは、中には局所療法より治療期間が短く済むケースも。

クリニックC4はどんなクリニック?

がん治療の専門院

クリニックC4は様々な診療科目を用意しているクリニックではなく、がん専門のクリニックです。 そのため、がんに関して日々様々な研究を行っています。症例に基づく研究を日々行っているからこそ、クリニックC4はがんに関するノウハウが蓄積されています。 トモセラピーだけではなく、スライスCTやステラMRIなど、様々な設備を用意。 患者にとって何がベストなのかを踏まえた上での治療を行ってくれますので、他の医療機関で「手立てがない」と診断された方でも、決して諦めずに様々な治療を提案してくれます。

予約制で対応

クリニックC4は予約制のクリニックです。 患者を待たせないという意味もありますが、周囲を気にする必要がありません。 予約した時間は、いわば「医師を独占できる時間」でもありますので、治療方針等をじっくりと聞くことが可能です。 がん治療は患者にとっては不安が多く、何をすればよいのかさえ分からないことでしょう。こうした「無知からくる不安」ががん治療に於ける強敵でもありますが、クリニックC4では医師としっかりと向き合うことができますので、がんに対しての情報を得ることで、自分がどのような状況なのかや、どのような治療が良いのかを把握することが可能です。

クリニックC4の院長

院長の青木幸昌先生は東京大学医学部医学科を卒業後、放射線科医となり、放射線治療工学を研究。放射線医学総合研究所で重粒子線治療に携わっています。「説明と選択の医療」「人事を尽くすがん医療」がモットーです。

経歴・資格

経歴

  • 昭和55年 灘中学校、灘高等学校を経て東京大学医学部医学科卒業
  • 昭和55年6月 東京大学医学部附属病院放射線科研修医
  • 昭和56年1月 東京大学医学部附属病院放射線科助手
  • 昭和60年7月 都立豊島病院放射線科医員
  • 昭和62年4月 東京大学医学部附属病院分院放射線科講師病棟医長
  • 昭和63年7月 同上 英国 Royal Cancer Institute留学のため休職
  • 平成元年6月 同上 復職
  • 平成3年5月 東京大学医学部附属病院放射線科講師病棟医長
  • 平成3年5月 放射線医学総合研究所特別研究員(重粒子線)
  • 平成4年4月 東京大学医科学研究所非常勤講師
  • 平成4年11月 総理府技官(放射線医学総合研究所臨床障害部)
  • 平成7年7月 東京大学医学部放射線医学教室助教授
  • 平成14年4月 国際医療福祉大学保健学部放射線・情報科学科教授
  • 平成20年 医療社団法人 愈光会 Clinic C4設立

保有資格

第一種放射線取扱主任者・公益社団法人日本医学放射線学会学会員・公益社団法人日本放射線腫瘍学会学会員・国際個別化医療学会評議員

初回診療

重粒子線がん治療は「放射線抵抗性のがん」にも対応できる治療法です。初回診療は、電話予約して、紹介状と現在の治療データ(現病歴・病理組織検査・血液検査・診断画像など)を持参して、医師の診断を受けます。(90分程度) なお、後日、治療計画作成のためにCT撮影を行い、医師が実際の治療について説明があります。治療計画用CTの撮影から一週間程度で治療がスタート。初診・初回診察料は33,000円で、別途検査費がかかります。

治療の流れ

治療は「トモセラピー」で行われます。

1回あたりの照射時間は通常5〜20分程度で、1日あたりの治療時間は1時間程度。治療期間は5日~20日、休診日を除く毎日です。

治療最終日から3~4か月後のPET-CT検査で効果を判定し、問題なければ治療は終了です。

トモセラピー治療の特徴

  • 治療時の出血はありません。痛みもほとんどありません。
  • 複数のがん病巣を同時に治療できます。
  • 的確にがん病巣への集中照射ができるので、正常な組織への被曝を抑えられて副作用が少ないです。

分子標的照射とトモセラピー

クリニックC4では、放射線抵抗性のあるがんに対して、トモセラピー治療と分子標的照射を併用しています。分子標的照射とは、がん細胞を特徴付けている部分にのみ働きかけて放射線増感作用を発揮する薬剤を用いる放射線治療のこと。正常細胞へのダメージを抑えつつ、放射線の治療効果を高められます。

放射線抵抗性のあるがんに対して行われる一般的な治療(重粒子線治療や酸素を補充する増感剤)でも放射線治療の効果を高めることはできますが、がんだけでなく放射線による正常細胞へのダメージも増やしてしまう懸念がありました。

クリニックC4は、正常細胞へのダメージを抑えつつ、放射線の治療効果を高められる「分子標的照射」と「トモセラピー治療」を併用することで、がんに厳しく身体に優しい治療を実現しています。

治療実績

胃がん3b期で胃を全摘出、脾臓と胆のうを摘出して化学療法をしてもよくならず、がんが左鎖骨上、気管分岐部、傍大動脈リンパ節にも転移した患者が、トモセラピー治療を受け、5か月後に腫瘍が消失したと報告されています。

使用されている設備

クリニックC4で使われている設備「トモセラピー HDA」は、治療開始前にCT撮影ができます。その画像に従って腫瘍の位置を特定した放射線照射ができるので、正常組織に悪影響を与えずに、短時間での治療が可能です。

クリニックC4の基本情報

  • 所在地:東京都渋谷区元代々木町33番12号
  • 診療時間:9:00~18:00(予約制)
  • 休診日:土曜・日曜・年末年始
  • アクセス:小田急「代々木八幡駅」、東京メトロ「代々木公園駅」1番出口よりそれぞれ徒歩6分、小田急/東京メトロ「代々木上原駅」東口より徒歩7分
  • 電話番号:03-6407-9407
  • ※クリニックC4のトモセラピーによる治療はすべて自由診療です。詳しくはクリニックC4にお問い合わせください。

クリニックC4
最新情報

設備情報

  • トモセラピーHDA
  • 64列128スライスCT
  • 1.5テスラMRI
  • 休憩室(個室5部屋)

クリニックC4
公式サイトの更新履歴

  • 2022/11/2
    がん治療Q&Aの新しいご質問
    2017年に中咽頭がんリンパ節転移ー手術後放射線治療。
  • 2022/11/2
    がん治療Q&Aの新しいご質問
    母が2017年11月に中咽頭がんリンパ節(右1個左2個)転移ありで12月に手術1月から3月まで放射線治療したんですが2018年5月に肺に転移あり抗がん剤(シスプラチン)開始、副作用辛く2018年11月にオプジーポに移行肺がん消失2021年3月オプジーポ終了経過観察になりました。
  • 臨時休診のお知らせ
    誠に勝手ながら以下の日時を休診とさせていただきます。
    2022年10月14日(金)12:00~18:00

※公式サイトの情報より抜粋

クリニックC4
転移巣 対応可
照射範囲 9箇所
同時照射 対応可

電話で問い合わせる

自由診療
※電話番号:03-6407-9407
都立駒込病院
転移巣 対応不可
照射範囲 5箇所
同時照射 応相談

電話で問い合わせる

標準治療(保険診療)
※電話番号:03-3823-4890
江戸川病院
転移巣 応相談
照射範囲 5箇所
同時照射 応相談

電話で問い合わせる

標準治療(保険診療)
※電話番号:03-3673-1221
【選出基準】トモセラピー実施院のなかで、公式HPで対応実績を公開している3院。(2019年7月時点)

◆トモセラピー治療の費用と期間について

トモセラピー治療の費用は保険診療と自由診療の場合で大きく異なり、保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保険が適用されない自由診療の場合は約3万3000円程です。(編集チーム調べ)
病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、検討している病院・クリニックがあれば直接お問合わせください。

◆トモセラピー治療のリスクについて

照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用は生じるケースがありますので、詳しくは各病院・クリニックへ相談しましょう。

関連ページ

   

対応力で選ぶ!
東京のトモセラピー
治療院3選

東京でトモセラピー治療の対応実績を公式HPに公表しているクリニックC4・都立駒込病院・江戸川病院。(2019年7月時点)この3院を転移巣への対応・照射範囲の広さで比較しました。

東京のトモセラピー治療院3選