東京でトモセラピー治療を受けられる病院・クリニック3選 » トモセラピーの大腸がん治療について

公開日:|最終更新日時:

トモセラピーの大腸がん治療について

トモセラピーは大腸がん治療に対応できるか?

大腸がんはトモセラピーで治療可能ですが、クリニックによっては対応できない可能性があります。対応できるクリニックをお探しの方は、下記のリンクからチェックしてみましょう。

そもそも大腸がんとは

大腸がんは結腸、直腸、肛門に発生するがんの総称です。良性ポリープである腺腫ががんとなってしまうケースと、粘膜から発生するタイプのものがあり、日本人の多くは結腸と直腸にできやすいとされています。 大腸にがんが発生すると、時間と共に大腸に侵入します。さらには大腸の壁の外にまで広がり、大腸の壁の中にあるリンパ液、血液に乗って別の臓器に転移することもあります。

大腸がんは自覚症状が難しいため、発見した段階で既にそれなりに進行しているケースが多いことでも知られています。 血便、下痢と便秘の繰り返し、おなかの張りなどが症状なのですが、これらの症状は大腸がんだけの症状ではなく、他の症状でも見られる極めて身近な症状なので、これらを自覚してすぐに「大腸がんかも」と気付くことは難しいことでしょう。 しかし、放置していると次第にこれらの症状が強くなり、出血等も慢性的なものになることから自分自身の異変に気付くことが多いです。

生活習慣と密接な関係があるとされており、お肉、あるいは飲酒や喫煙が影響していると言われています。また、肥満、体脂肪過多、高身長といった体質的な特徴も大腸がんの発症に影響しているとされています。 治療は内視鏡、手術、薬物療法、放射線治療等があります。進行具合、患者の体力・医師、年齢や合併症の可能性等を考慮して治療方針を決定しますが、転移の可能性もあるだけに、医師と患者の意思疎通が大切になります。

大腸がんの症状

大腸がんは結腸、直腸、肛門に発生するがんの総称です。良性ポリープである腺腫ががんとなってしまうケースと、粘膜から発生するタイプのものがあり、日本人の多くは結腸と直腸にできやすいとされています。具体的な自覚症状としては、便に血が混じる血便・便秘や下痢などの便通異常・腹痛・お腹が張る・体重減少などがみられます。便秘や下痢は多くの人が経験したことがあり、血便や下血は痔などの良性の病気でもみられるためそのまま放置しがんの進行に気がつかない場合もあります。

大腸は上行結腸から直腸まで範囲が広く、がんがどこに発生したかによって自覚症状にも違いがあります。大腸の始まりである盲腸・上行結腸・横行結腸などは排便されるまでに時間がかかるため、便通異常を自覚することは少なく、しこりや出血での貧血症状や全身倦怠感が出始めて初めて異常を感じる方もいます。下行結腸からS状結腸にかけては便通異常、直腸では比較的鮮血の混じる血便・便の狭小化・残便感などの症状が見られることもあります。
がんが進行していくと、慢性的な出血による貧血症状や便が通過できなくなり腸閉塞を起こし、腹痛、嘔吐などの症状が出ます。

大腸がんの原因

大腸がんはがんに罹患する人の中で胃がん、肺がんに次いで3番目、女性は乳がんに次いで2番目に多いがんで高齢化と食生活の欧米化などにより年々罹患数が増えています。大腸がんの発生要因は生活習慣と関わりが深いとされ、運動不足、野菜や果物の摂取不足、肥満、飲酒などで発生の危険性が高くなると言われています。
また、家族歴とのかかわりも深く、特に家族性大腸腺腫症やリンチ症候群の家系、大腸がんの家族歴がある方では近親者に大腸がんの発生が多くみられます。腫瘍性大腸炎を長期間患う事でも大腸がんの発生リスクは高くなります。

参照元:国立がん研究センター 東病院(https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/clinic/lowerabd_surgery/050/010/index.html)

大腸がんの予防

大腸がんに関する研究はすすみ、様々な薬や有効な治療法が出てきています。しかしやはりかからないに越したことはなく、かかったとしても早期に発見できることが大切です。大腸がんの予防には食生活を含む生活の見直しと改善、検診による定期的なチェックが重要なポイントになります。

日本人を対象とした研究結果を見てみると、一般的にがん予防に良いとされている禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、身体活動、適正な体形、感染予防などは大腸がんにも有効です。特に大腸がんには緑黄色野菜や魚を中心に食物繊維、カルシウム、そしてビタミンDの多い食事が効果的であることがわかっています。特に食物繊維はそのものだけでは大腸がんの予防には効果が薄いとされています。サプリメントなどに頼らずに食事の中で摂っていくことが大切になります。
また、適度な運動をして肥満を予防することも効果的です。身体活動の活発なひとは、まったく運動しないひとの半分程度しか大腸がんにならないという研究結果もあります。適正体重で内臓脂肪の少ないひとは、そうでないひとの3分の1しか大腸がんにならないというデータを見ても運動と食事の重要性がわかります。

予防の目的で生活を改善するのと同時に、定期的な検診を受けることも大切です。厚生労働省の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」では、40歳以上は年に1回、大腸がん検診を受けることが推奨されています。ほとんどの市町村では、検診費用の多くを公費で負担していて一部の自己負担で受けられるため、定期的にチェックしていくことをおすすめします。

参照元:厚生労働省|がん検診(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059490.html)

トモセラピーの大腸がん治療が可能なクリニック一覧

クリニックによっては対応できない大腸がんのトモセラピー治療。そこでここでは、東京周辺(関東)で対応できるクリニックをいくつかご紹介します。(2019年7月時点)

Clinic C4(クリニックC4)

クリニックC4はがん専門のクリニックです。 大腸がんはもちろんですが、様々な「がん治療」を手掛けているクリニックです。がん専門クリニックとあって症例も豊富で、様々な治療の方法があります。がん治療「も」行っているクリニックではなく、専門だからこその深い知識・高度な技術を持ち合わせているクリニックです。

  • 所在地:東京都渋谷区元代々木町33-12
  • 電話番号:03-6407-9407

日高病院

日高病院の大腸がん治療は、基本的に強度変調放射線治療(IMRT)の専用機であるトモセラピーによって行われます。国内でも早い時期にトモセラピー治療を取り入れた病院として知られ、2018年には新型のトモセラピー、ラディザクトも導入しました。放射線治療を専門とし、日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医、日本医学放射線学会放射線科専門医の認定を受けている主任医長も在籍※(2021年11月時点)しているため、信頼できる病院をお探しの方はぜひご相談ください。
※参照元:日高病院公式HP(https://hidaka02-kai.com/hidaka/publics/index/169/

  • 所在地:〒370-0001 群馬県高崎市中尾町886
  • 電話番号:027-362-6201
クリニックC4の青木院長に聞く!大腸がんをトモセラピーでどう治療するか?

管理人が調べた限り、東京エリア内における、照射範囲の制限がない自由診療のトモセラピー実施院のなかで、大腸がんを含めた照射範囲が最も広かったのがクリニックC4でした。(2019年7月時点)そのクリニックC4の青木院長にトモセラピーの大腸がん治療について伺ってきました!

青木院長
クリニックC4の青木院長

大腸がんをトモセラピーで治療することは可能です。複雑な形の病巣であっても、トモセラピーなららせん状に回転する放射線を自在に調整して、的確かつ十分な強度で照射することができます。ピンポイントで照射できるので、他の臓器に及ぼす影響も小さくてすみます。 ちなみに当院では、大腸がんからリンパ節に転移した方の治療実績(下記参照)を公開しております。同じような病状にお悩みの方はぜひご来院ください。

クリニックC4の大腸がん治療の実績

    治療実績:S状結腸癌 多発リンパ節転移- 57歳女性
  • 2004年    便潜血にて他院受診しS状結腸がん3期と診断され術後抗がん剤治療実施。
  • 2008年11月 腹部大動脈リンパ節転移指摘され抗がん剤治療実施。
  • 2009年1月  骨髄抑制などの毒性強かったため漢方施設受診し当院紹介受診。
  • 2009年2月  PET-CTにて腹部大動脈リンパ節、両側総腸骨リンパ節転移。
  • 2009年2~3月 全病変へのトモセラピー 45.93Gy/15回実施。5か月後PET-CTにてほぼCR(消失)となった。
参照元:クリニックC4公式サイト
https://cccc-sc.jp/case/case.html?listno=18
クリニックC4
転移巣 対応可
照射範囲 9箇所
同時照射 対応可

電話で問い合わせる

自由診療
※電話番号:03-6407-9407
都立駒込病院
転移巣 対応不可
照射範囲 5箇所
同時照射 応相談

電話で問い合わせる

標準治療(保険診療)
※電話番号:03-3823-4890
江戸川病院
転移巣 応相談
照射範囲 5箇所
同時照射 応相談

電話で問い合わせる

標準治療(保険診療)
※電話番号:03-3673-1221
【選出基準】トモセラピー実施院のなかで、公式HPで対応実績を公開している3院。(2019年7月時点)

◆トモセラピー治療の費用と期間について

トモセラピー治療の費用は保険診療と自由診療の場合で大きく異なり、保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保険が適用されない自由診療の場合は約3万3000円程です。(編集チーム調べ)
病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、検討している病院・クリニックがあれば直接お問合わせください。

◆トモセラピー治療のリスクについて

照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用は生じるケースがありますので、詳しくは各病院・クリニックへ相談しましょう。

関連ページ

   

対応力で選ぶ!
東京のトモセラピー
治療院3選

東京でトモセラピー治療の対応実績を公式HPに公表しているクリニックC4・都立駒込病院・江戸川病院。(2019年7月時点)この3院を転移巣への対応・照射範囲の広さで比較しました。

東京のトモセラピー治療院3選