江戸川病院(東京江戸川がんセンター)

江戸川病院(東京江戸川がんセンター)のトモセラピー治療の特徴

前立腺がんの治療に注力

トモセラピーは様々な病院で導入されていますが、江戸川病院(東京江戸川がんセンター)では前立腺がんの治療に力を入れていることもあり、トモセラピーを前立腺がん治療に活用しています。 トモセラピーは前立腺がんに有効とされています。前立腺がんの近くには精嚢があり、こちらには放射線の照射があまり良いとされていません。精嚢に放射線を投与すると、吹き鵜作用が出やすいとされていたのですが、トモセラピー、特に東京江戸川がんセンターでも導入されているIMRTであれば前立腺がんだけを狙っての照射が可能になりますので、副作用が出にくいです。

外来でも可能

江戸川病院(東京江戸川がんセンター)でトモセラピー治療をした場合、入院が必須ではありません。 それまでの放射線治療は通院という形では難しく、どうしても入院が必要でした。費用の負担だけではなく、仕事はもちろん、プライベートにも支障をきたすことが少なくありませんでした。ただ、現実的に治療をしなければ回復するのは困難で、がん治療そのものが体の負担になるケースが多々ありました。 しかし、江戸川病院(東京江戸川がんセンター)のトモセラピー治療は入院が不要なので、様々な面での「負担」を軽減することができます。

江戸川病院(東京江戸川がんセンター)はどんな病院?

局所治療よりもホルモン療法を重視

江戸川病院(東京江戸川がんセンター)では、居所的治療よりもホルモン療法を優先しています。 前立腺がんというデリケートな部位の治療は、男性ホルモンの存在が成否を左右します。 患者の年齢によって、男性ホルモンとどのように向き合うべきなのかも変わってきますので、あくまでもホルモン療法を最優先にという姿勢です。ただし、患者の状態によって方針は変わります。 あくまでも病院側としてはホルモン療法を優先するというスタンスです。

遠隔転移が確認されない場合の治療も

がんといえば転移ですが、遠隔転移が確認できない場合、トモセラピーとホルモン療法を組み合わせるか、あるいはどちらかを強めるのかなど、様々な選択肢を用意しています。がん治療において転移は何よりもデリケートに考えなければならないものですが、転移したらどうするのか。江戸川病院(東京江戸川がんセンター)ではどんな点においてもしっかりと考慮しています。

江戸川病院の医院長

加藤正二郎院長は江戸川病院の指揮監督を行いながら、慶應義塾大学整形外科および東邦大学整形外科との連携をはかっている医師です。慢性疾患だけでなく外傷性疾患においても、効果的な治療法に積極的に取り組んでいます。患者さんに正しいケアを行い、傷跡を残さない治療を心掛けています。

経歴・資格

経歴

  • 1993年 日本大学医学部卒業 慶應義塾大学医学部 整形外科入局
  • 2004年 社会福祉法人仁生社 江戸川病院 整形外科部長
  • 2013年 同院副院長
  • 2016年 院長就任
  • 所属学会

    • 日本整形学会専門医

    初回診療について

    紹介状なしで受診する場合、初診・再診時に「選定療養費」がかかります。初診は初めて受診される方以外に、前回受診より3か月を経過した方も含みます。なお、紹介状をお持ちの方や救急車で搬送された方(緊急を要さない病状・病態を除く)は選定療養費がかかりません。

    治療の流れ

    紹介状の確認、診察を経て放射線治療を受けられるかどうか判断します。画像診断(CT、MRT、シンチ、PETなど)や血液検査等を行い、病気が原因で癌が発症した部位、がんの大きさ、広がり具合などを放射線科専門医がん治療認定医、核医学専門医らで慎重に協議します。

    治療範囲を確認するため治療直前のCTを撮影して位置を正確にあわせたのち、がんに照射します。1回の治療時間はおおむね20分程度です。

    病院のがん治療について

    手術療法ダヴィンチ

    アメリカで開発されたロボットによる支援を用いた手術療法です。1999年からヨーロッパで医療機器として正式に使用が認可され、2000年にアメリカでも認可されました。日本では2009年に認可を受け、2012年4月より前立腺癌に対する手術のみ「保険医療」として認められています。医師がロボット「ダヴィンチ」を介することにより、鮮明な画像で緻密な手術が可能になっています。

    免疫治療法

    これまで、代表的ながん治療と言えば外科的治療、抗がん剤などの化学療法、放射線治療の3つでしたが、近年注目されているのが4つめの治療「免疫療法」です。

    東京がん免疫治療センターで免疫治療を行っていましたが、現在は江戸川プラスクリニックで行っています。

    従来のがん治療は、がんそのものを直接取り除いたり攻撃したりするのに対して、免疫治療は体内の免疫細胞を「免疫チェックポイント阻害薬」で活性化し、それによってがん細胞を弱小化させる治療法。ただ、免疫チェックポイント阻害薬を使用しない「免疫療法」はまだ有効性が証明されいません。免疫療法単体で治療を進めることは難しいため、がんの治療と併用し行うことが必要です。

    2017年度乳腺外科手術実績

    2017年度の手術実績の内訳は、乳がん363症例、乳管腺葉区域切除54症例、葉状腫瘍26症例(葉状腫瘍と鑑別が必要だった線維腺腫7症例を含む)でした。このうち乳癌については、温存術201症例、全摘術154症例(うち同時再建は14症例)、そのほか8症例でした。

    設備

    一般撮影装置

    1枚のフィルムにさまざまな診断情報を盛り込める撮影方法です。レントゲンによるX線発見以来、幅広く利用されている伝統的な手法で、基本的なX線撮影方法といえます。一般撮影装置はレントゲン写真や骨折を調べる検査を中心に使用頻度が高く、撮影対象範囲が広いことが特徴です。この一般撮影装置専用の撮影室を3部屋用意しています。主に腹部・胸部・全身の骨などの撮影ができます。

    RI診断システム

    RI診断システムは、RI(アイソトープ)と呼ばれる放射線を出す物質を含んだ薬品(放射性医薬品)を使用して、臓器が正常に機能しているかどうか調べます。臓器が正常に機能しているかどうかは、がんの治療方針を決めるにあたり有用な情報となります。脳、肝、腎、骨など、X線では診断の難しい患部(機能が正常でないところ)の発見にも役立っています。

    江戸川病院(東京江戸川がんセンター)の基本情報

    • 所在地:東京都江戸川区東小岩2-24-18
    • 診療時間:8:20~11:30 / 12:00~16:00(整形外科のみ午後の受付時間は13:00から)
    • 休診日:日曜日、祝日
    • アクセス:JR「小岩」駅よりバスにて「江戸川病院前」下車してすぐ
    • 電話番号:03-3673-1221
    転移巣への対応と照射範囲で選ぶ 東京のトモセラピー治療院3選
    クリニックC4
    転移巣対応可
    照射範囲9箇所以上
    同時照射対応可

    電話で問い合わせる

    ※電話番号:03-6407-9407
    都立駒込病院
    転移巣対応不可
    照射範囲5箇所以上
    同時照射応相談

    電話で問い合わせる

    ※電話番号:03-3823-4890
    江戸川病院
    転移巣応相談
    照射範囲5箇所以上
    同時照射応相談

    電話で問い合わせる

    ※電話番号::03-3673-1221

    ◆トモセラピー治療の費用と期間について

    トモセラピー治療の費用は保険診療と自由診療の場合で大きくことなります。保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保険が適用されない自由診療の場合は約3万3000円と言われています。
    病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、検討している病院・クリニックがあれば直接お問合わせください。

    ◆トモセラピー治療のリスクについて

    照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用は生じるケースがあります。不安な方は各病院・クリニックへ相談しましょう。