江戸川病院(東京江戸川がんセンター)

江戸川病院(東京江戸川がんセンター)のトモセラピー治療の特徴

前立腺がんの治療に注力

トモセラピーは様々な病院で導入されていますが、江戸川病院(東京江戸川がんセンター)では前立腺がんの治療に力を入れていることもあり、トモセラピーを前立腺がん治療に活用しています。 トモセラピーは前立腺がんに有効とされています。前立腺がんの近くには精嚢があり、こちらには放射線の照射があまり良いとされていません。精嚢に放射線を投与すると、吹き鵜作用が出やすいとされていたのですが、トモセラピー、特に東京江戸川がんセンターでも導入されているIMRTであれば前立腺がんだけを狙っての照射が可能になりますので、副作用が出にくいです。

外来でも可能

江戸川病院(東京江戸川がんセンター)でトモセラピー治療をした場合、入院が必須ではありません。 それまでの放射線治療は通院という形では難しく、どうしても入院が必要でした。費用の負担だけではなく、仕事はもちろん、プライベートにも支障をきたすことが少なくありませんでした。ただ、現実的に治療をしなければ回復するのは困難で、がん治療そのものが体の負担になるケースが多々ありました。 しかし、江戸川病院(東京江戸川がんセンター)のトモセラピー治療は入院が不要なので、様々な面での「負担」を軽減することができます。

江戸川病院(東京江戸川がんセンター)はどんな病院?

局所治療よりもホルモン療法を重視

江戸川病院(東京江戸川がんセンター)では、居所的治療よりもホルモン療法を優先しています。 前立腺がんというデリケートな部位の治療は、男性ホルモンの存在が成否を左右します。 患者の年齢によって、男性ホルモンとどのように向き合うべきなのかも変わってきますので、あくまでもホルモン療法を最優先にという姿勢です。ただし、患者の状態によって方針は変わります。 あくまでも病院側としてはホルモン療法を優先するというスタンスです。

遠隔転移が確認されない場合の治療も

がんといえば転移ですが、遠隔転移が確認できない場合、トモセラピーとホルモン療法を組み合わせるか、あるいはどちらかを強めるのかなど、様々な選択肢を用意しています。がん治療において転移は何よりもデリケートに考えなければならないものですが、転移したらどうするのか。江戸川病院(東京江戸川がんセンター)ではどんな点においてもしっかりと考慮しています。

江戸川病院(東京江戸川がんセンター)の基本情報

  • 所在地:東京都江戸川区東小岩2-24-18
  • 診療時間:9:00~/13:00~
  • 休診日:日曜日、祝日
  • アクセス:JR「小岩」駅よりバスにて「江戸川病院前」下車
  • 電話番号:03-3673-1221
転移巣への対応と照射範囲で選ぶ 東京のトモセラピー治療院3選
クリニックC4
転移巣対応可
照射範囲9箇所以上
同時照射対応可

電話で問い合わせる

※電話番号:03-6407-9407
都立駒込病院
転移巣対応不可
照射範囲5箇所以上
同時照射応相談

電話で問い合わせる

※電話番号:03-3823-4890
江戸川病院
転移巣応相談
照射範囲5箇所以上
同時照射応相談

電話で問い合わせる

※電話番号::03-3673-1221

◆トモセラピー治療の費用と期間について

トモセラピー治療の費用は保険診療と自由診療の場合で大きくことなります。保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保険が適用されない自由診療の場合は約3万3000円と言われています。
病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、検討している病院・クリニックがあれば直接お問合わせください。

◆トモセラピー治療のリスクについて

照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用は生じるケースがあります。不安な方は各病院・クリニックへ相談しましょう。