東京でトモセラピー治療を受けられる病院・クリニック3選 » トモセラピーの皮膚がん治療について

公開日:|最終更新日時:

トモセラピーの皮膚がん治療について

トモセラピーは皮膚がんに対応できるか

トモセラピーはコンピューターの技術を活用し、がん細胞等の病巣にのみ集中的な照射を行う治療法です。

がん治療は切除、つまりは外科的治療か根治治療かに分類できますが、トモセラピーは切らないものの、積極的な治療を行える放射線治療です。

そもそも皮膚がんとは?

皮膚がんとは、がんが皮膚にできる症状を指しますので意味としては広いです。「皮膚」もまた、様々な部位がありますのでどの部位の皮膚がんになったのかによっても症状は異なります。主に顔面や四肢に発生しやすいのですが内臓系のがんとは異なり、目視が可能ながんであることから、早期発見しやすい点もポイントです。

内臓系のがんの場合、目視ができない点や初期段階では自覚症状が少なく見つけるのが難しい点から、定期健診等でこまめにチェックしたり、あるいは他の症状で医療機関にかかった際に検査して、がんが発見されるなど、検査でなければ発見しにくいものです。

しかし皮膚がんは目視が可能なことから、自力での早期発見も可能で、早期発見によって早い段階で治療を開始することで寛解に近付けるがんでしょう。

皮膚は、3つの組織(表皮・真皮・皮下脂肪)が重なってできており、表皮角化細胞や汗腺、脂腺、血管、リンパ管などの成分で構成されていますが、皮膚がんは多くの種類が表皮内の組織で発生します。

皮膚がんのメカニズム

皮膚がんとは、皮膚のメラニンを作る細胞やほくろ細胞ががんとなるものです。そのため、初期段階ではほくろとの区別が難しく、先に挙げた顔面や四肢以外にも足の裏や掌、胸、腹部といった皮膚だけではなく、粘膜にできるケースもあります。

皮膚がんの原因

皮膚がんの原因として挙げられることが多いものがあります。それは紫外線です。紫外線は皮膚に様々な負担をもたらすものですが、がんの原因なのではとも囁かれています。

その理由として、紫外線は細胞遺伝子を傷つける性質を持っています。そのため、紫外線を浴びた皮膚は細胞遺伝子が傷つけられることで発がん促進してしまうのではとされています。

もちろん紫外線だけではなく、ウィルスや放射線、喫煙やヒ素が影響しているのではないかとの指摘もあれば、がんではない他の皮膚疾患ががん化することもあります。

また、色素性乾皮症に関しては遺伝的要因で皮膚がんになるのではとの指摘もあります。

どういった原因で皮膚がんが引き起こされているのかは、まだ解明されておらず原因がはっきりしていません。

皮膚がんの種類

悪性黒色腫(メラノーマ)

いわゆるホクロに似ているがんです。

黒褐色でホクロと見分けがつきにくいのですが、放置すると大きくなり、次第に隆起するなどして目立つようになります。ほくろとの相違点として内部の色が不均一で、かつ直径7㎜以上の場合にはがんの可能性が高いです。

ホクロと違い左右非対称で不規則的な形をしている、色がまだらであるといった特徴があります。ほくろににた病変があり形がいびつで少しでも心配になったら病院で検査を受けることをお勧めします。

有棘細胞がん

表皮の細胞がんになります。

皮膚の特性として、最終的には角質を作るのですが、この細胞ががんとなるものです。

皮膚の異物・デキモノのような形状で、がんだとは思われずに放置されるケースも多いようです。大きくなってくると、鼻につく嫌な臭いを放つこともあります。

紫外線に当たり過ぎることによって発症する日光角化症が有棘細胞がんになることもあるようなので、注意が必要です。

基底細胞がん

こちらも紫外線との関連性が指摘されているのですが、転移する機会は珍しいです。ただし、破壊性が強い特徴を備えていることから早期治療が求められています。

基底細胞がんも、ほくろに似ていますがホクロとは違い青黒く、表面がろうそくのロウのように光沢があります。まぶたや鼻など顔に発生することが多いがんです。

乳房外パジェット病

表皮内癌の一種で汗器官の細胞ががん化する種類です。

乳がんの細胞と似た細胞が増えるのですが、皮膚がんに分類されています。

リンパや内臓、骨に転移しやすい特性や、治療に対して抵抗する特性を持つがんです。乳がんと似ている特性から、女性の特有のがんだと思われているのですが、むしろ男性の方が発症率が高いとされています。

見た目だけでは識別が難しく、湿疹やミズムシと勘違いされてしまうケースもあります。湿疹やミズムシの症状で薬を塗っても直らない場合は、病院で検査を受けたほうがよいでしょう。

皮膚がんの予防について

皮膚がんは紫外線との関連性が取りざたされていますので、紫外線を避けることが皮膚がんの予防になります。

また、目視できる部分で違和感を覚えたら、医療機関にて診察してもらうことも大切です。皮膚がんに限らず、がんは早期治療であればあるほど、治療で治せる確率は高まりますので、皮膚の異物を確認した場合、放置せずに診断してもらいましょう。

皮膚がんの症状

皮膚がんの症状は、皮膚がんの種類同様様々です。

ここでは大きくいくつかに症状を分類してご紹介します。

直接的な痛み

皮膚がんは、種類によっては直接的な痛みを伴う物もあります。

異物がある程度のものもあれば、鈍器で殴打されたような直接的な痛みを伴う物もあります。ただし、初期症状の段階では痛みを伴うケースは基本的にはありません。

がんが進行し、形状が変化することで次第に痛みを感じるケースが多いです。

形状の変化

皮膚がんによって形状が変化する場合もあります。

例えばほくろのように大きな塊ができる種類の皮膚がんもあれば、湿疹に似たものもあります。

いずれも見た目だけでは識別が難しく、乳房外パジェット病のように、湿疹やミズムシだと勘違いされて治療を勧められてしまい、がんを進行させてしまうケースもあります。

いつもとは違う異変を感じたら、病院で検査を受けて早期発見に努めましょう。

クリニックC4
転移巣 対応可
照射範囲 9箇所
同時照射 対応可

電話で問い合わせる

自由診療
※電話番号:03-6407-9407
都立駒込病院
転移巣 対応不可
照射範囲 5箇所
同時照射 応相談

電話で問い合わせる

標準治療(保険診療)
※電話番号:03-3823-4890
江戸川病院
転移巣 応相談
照射範囲 5箇所
同時照射 応相談

電話で問い合わせる

標準治療(保険診療)
※電話番号:03-3673-1221
【選出基準】トモセラピー実施院のなかで、公式HPで対応実績を公開している3院。(2019年7月時点)

◆トモセラピー治療の費用と期間について

トモセラピー治療の費用は保険診療と自由診療の場合で大きく異なり、保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保険が適用されない自由診療の場合は約3万3000円程です。(編集チーム調べ)
病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、検討している病院・クリニックがあれば直接お問合わせください。

◆トモセラピー治療のリスクについて

照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用は生じるケースがありますので、詳しくは各病院・クリニックへ相談しましょう。

関連ページ

   

対応力で選ぶ!
東京のトモセラピー
治療院3選

東京でトモセラピー治療の対応実績を公式HPに公表しているクリニックC4・都立駒込病院・江戸川病院。(2019年7月時点)この3院を転移巣への対応・照射範囲の広さで比較しました。

東京のトモセラピー治療院3選