公開日: |最終更新日時:

薬物療法とは

薬物療法は、がんの標準治療の1つです。ここでは薬物療法の種類や副作用症状と対策などについて紹介しています。

薬物療法を行う目的

薬物療法は、抗がん剤によってがん細胞を攻撃し、がん細胞の増殖を抑える治療です。抗がん剤が血液によって運ばれることで、身体の隅々まで行き渡らせ、全身に散ったがん細胞に作用させます。

がんの殺傷能力に優れていますが、腸や皮膚など、活発に増殖する正常細胞にも影響が及び、嘔吐、脱毛、骨髄抑制などの副作用を引き起こします。適切な治療を行い、工夫する事で副作用を和らげましょう。

薬物療法の種類

薬物療法で使われる薬の種類には、「細胞障害性抗がん薬」「内分泌療法薬(ホルモン療法薬)」「分子標的薬」などがあります。薬の種類によって、がん細胞への攻撃の仕方が異なります。

抗がん薬

抗がん薬である細胞障害性抗がん薬は、細胞増殖の仕組みに着目し、その仕組みの一部を邪魔することでがん細胞を攻撃する薬です。

ホルモン療法薬(内分泌療法薬)

ホルモン療法薬(内分泌療法薬)とは、ホルモン分泌や働きを阻害し、ホルモンを利用して増殖する系のがんを攻撃する薬です。

分子標的薬

分子標的薬とは、がん細胞増殖・攻撃免疫に関わるタンパク質や栄養を運ぶ血管などを標的にしてがんを攻撃する薬です。

薬物療法の投与方法

薬物療法には、主に以下のような投与方法があります。

  • のみ薬での投与:錠剤やカプセル、粉薬などを飲み込む
  • 点滴や注射での投与:血管(静脈)に直接抗がん剤などを注入する

それぞれの投与方法について詳しく紹介します。

のみ薬での投与

錠剤やカプセル、粉薬などを飲み込むことで体内に投与する方法です。薬による効果は個人差があり、アレルギーなど副反応を引き起こす可能性があります。

そのため、薬が処方されたら必ずお薬手帳に薬局で記入してもらうなど記録をつけ、診断時に医師へ見せるようにしましょう。

点滴や注射での投与

点滴や注射での投与は、治療する日としない日を組み合わせた1~2週間程度の周期設定をして、効果や副作用の様子を見ながら治療を行います。投与方法は以下の通りです。

  • 血管など細い静脈に点滴の管を介して入れる
  • 太い静脈である中心静脈まで挿入されたカテーテルを介して入れる
  • 中心静脈に「ポート」という装置を皮下に埋め込み、必要時に体外から薬剤を注入
  • 治療によって、腹腔内、胸腔内、脳脊髄液などに注入する

抗がん剤を投与する場合、がんの種類によって特定の臓器に流れる動脈にカテーテルを置き、血流に乗ってその臓器に集中的に抗がん剤治療を行い、ポートを使って体外から薬剤を注入する方法があります。

副作用の種類と対処法

副作用は、療法によって効果が異なり、個人差があります。そのため、治療開始前に十分な確認を必ず行い、使用する薬の説明を受けたり、治療中異変を感じたらすぐに医師などに相談しましょう。副作用は対処法や工夫によって軽くすることもできます。副作用の種類と対処法は以下の通りです。

投与直後のアレルギー反応

点滴投与や初めての薬の副作用により、直後にアレルギー反応が出る場合があります。副作用の症状と対策は以下の通りです。

副作用の症状

  • 皮膚に発疹やかゆみなど
  • ひどい場合には血圧の低下や不整脈、呼吸困難

対策

  • 発疹やかゆみなどのアレルギー症状が現れたら、すぐに担当医や看護師に知らせる

骨髄抑制による免疫力の低下

化学療法の副作用により、血液を作り出す骨髄機能障害になると骨髄抑制による免疫力の低下が起こります。副作用の症状と対策は以下の通りです。

副作用の症状

  • 白血球や赤血球、血小板などが減少し、細菌や真菌に対する抵抗力が弱くなる
  • 口中や肺、皮膚、尿路、腸管などで感染症
  • 膿がたまる、咳や痰、皮膚が腫れる、尿が濁る、下痢などのはっきりした感染の様子がない状態での発熱

対策

  • 白血球が少ない状態の場合入院治療
  • こまめなうがい手洗い、入浴などで身体を清潔にする
  • 起床時と就寝前、毎食後には柔らかい歯ブラシで歯磨きをして口内を清潔に保つ
  • 人の多い場所にはできる限り外出しないようにして、マスクを着用
  • 切り傷など怪我をしないように注意
  • 急な発熱、排尿時の痛みなどの症状が現れたら担当医に連絡

ムカムカする・吐き気・嘔吐

治療に対する不安などの心理的要因や脳神経の刺激の副作用として、ムカムカする・吐き気・嘔吐があります。副作用の症状と対策は以下の通りです。

副作用の症状

  • 嘔吐
  • ムカムカする
  • 吐きそう
  • 食事や水分をほとんどとれない状態が続くこともある

対策

  • 担当医から処方された吐き気を抑える制せい吐剤を指示通り飲む
  • 吐き気を感じたら、冷たい水などでうがいをする
  • 吐き気や嘔吐が長く続く場合は、点滴によって水分や栄養補給をするなどの治療を受ける
  • つらいときには無理をしない

便秘・下痢

化学療法の副作用として、腸の粘膜が荒れたり、感染を引き起こすことで下痢になります。また、腸の動きを調節している神経に影響した場合、腸の動きが弱くなり、食事の量が減るなどによって便秘になります。副作用の症状と対策は以下の通りです。

副作用の症状

<便秘>

  • 便がでない
  • お腹が痛くなる

<下痢>

  • 炎症
  • 脱水症状(めまい、ふらつき、尿の量が少ないなど)
  • 便が柔らかくなる

対策

<便秘>

  • 多めの水分をとる
  • 無理のない範囲で体を動かす
  • 長期間続き、苦しい場合は担当医に連絡

<下痢>

  • 普段から消化のよい食事と十分な水分補給を心掛ける
  • 下痢止めを飲む
  • 1日に4回以上、3日以上続いたり、血液が混じって痛みが強い場合担当医に連絡

口内炎

口の中の粘膜に対する抗がん剤などの副作用には、感染により口内炎ができることがあります。副作用の症状と対策は以下の通りです。

副作用の症状

  • つい噛んでしまい痛い
  • 醤油などの調味料や食べ物がしみる

対策

  • 化学療法開始前に、口の中を清潔にし、予防に努める
  • 極力虫歯や歯周病も事前に治療
  • こまめなうがいにより乾燥・感染予防になる
  • 床時と就寝前、毎食後にやわらかい歯ブラシで歯を磨く
  • 粘膜を刺激しない食事(かたいものや熱いもの、香辛料、アルコールなどの刺激物は避ける)
  • 我慢せず病院に行き、炎症を抑えるうがい薬と塗り薬と痛み止めなどを処方してもらう

貧血

抗がん剤などの副作用には、血液を作り出す骨髄にある像血管細胞機能障害により、赤血球が減少する、消化管などから出血したりすることで貧血になります。副作用の症状と対策は以下の通りです。

副作用の症状

  • だるい
  • 疲れやすい
  • めまい
  • ふらつき
  • 息切れなど

対策

  • 出血が原因の場合、出血を止める治療をする
  • 短期間で貧血を改善させる方法はないので、高度な貧血の場合輸血治療を行う
  • だるさ、ふらつき、めまいなどの症状の場合、担当医に相談する

出血しやすく・血が止まりにくい

副作用には血小板の減少により、出血しやすく、血が止まりにくいものがあります。副作用の症状と対策は以下の通りです。

副作用の症状

  • 鼻血
  • 歯茎の出血
  • 皮膚の出血斑など

対策

  • 転倒や怪我、打撲に注意する
  • 歯茎を傷つけないために、歯ブラシを毛の柔らかいものに変える
  • 出血した場合は、タオルなどで出血箇所を圧迫して止血する
  • 血小板があまりに減っている時は、脳出血や消化管出血の原因となるので、入院して血小板の輸血をする必要がある
クリニックC4
転移巣 対応可
照射範囲 9箇所
同時照射 対応可

電話で問い合わせる

自由診療
※電話番号:03-6407-9407
都立駒込病院
転移巣 対応不可
照射範囲 5箇所
同時照射 応相談

電話で問い合わせる

標準治療(保険診療)
※電話番号:03-3823-4890
江戸川病院
転移巣 応相談
照射範囲 5箇所
同時照射 応相談

電話で問い合わせる

標準治療(保険診療)
※電話番号:03-3673-1221
【選出基準】トモセラピー実施院のなかで、公式HPで対応実績を公開している3院。(2019年7月時点)

◆トモセラピー治療の費用と期間について

トモセラピー治療の費用は保険診療と自由診療の場合で大きく異なり、保険適用の場合は1回の照射につき自己負担額は約1万1000円、保険が適用されない自由診療の場合は約3万3000円程です。(編集チーム調べ)
病状やクリニックによって費用や期間は変動するため、検討している病院・クリニックがあれば直接お問合わせください。

◆トモセラピー治療のリスクについて

照射する部位によっては、頭痛や下痢などの副作用は生じるケースがありますので、詳しくは各病院・クリニックへ相談しましょう。

対応力で選ぶ!
東京のトモセラピー
治療院3選

東京でトモセラピー治療の対応実績を公式HPに公表しているクリニックC4・都立駒込病院・江戸川病院。(2019年7月時点)この3院を転移巣への対応・照射範囲の広さで比較しました。

東京のトモセラピー治療院3選